良好な関係を維持するために|大切なあの人に贈る結婚祝い【相手の喜ぶギフトをチョイス】

相手とより良い関係を築いていくためにも、結婚祝い選びは重要です

配慮が大切

相手にとって迷惑な結婚祝いを送ってしまうことで、その相手との信頼関係が壊れてしまうこともあります。そのため、慎重に選んでいく必要があるでしょう。今後も長く付き合っていきたいなら、とくに相手の状況や趣味などを把握した上で、最適なギフトを贈るべきだいといえます。

もらって困ったギフトランキング

no.1

腐っていた

賞味期限が短い物や、ナマ物はとくに注意が必要です。失礼で迷惑なだけではなく、相手の健康を損なうような実害を及ぼします。

no.2

壊れていた

開封したら中身のギフトが破損していた…というショックな状況もあるようです。繊細な陶器のお皿やガラス製品を贈るときには、細心の注意を払ってギフトを扱うようにしましょう。

no.3

センスが合わない

キッチンやインテリアグッズなどを贈るときに注意したいのが、相手のセンスに合うかどうかです。センスに合わないアイテムは邪魔になります。捨てられたリ、タンスの肥やしとなってしまう可能性が大です。

no.4

被っている

あまりにも定番のアイテムや、流行の物になると、相手が既に持っていたり、他の人とギフトが被ってしまう傾向があります。できるだけオンリーワンになるように意識して選びたいものです。

no.5

個性が強すぎる

自己主張の強いとんちんかんなギフトは、結婚祝いではとくに避けるべきです。多くの場合は、結婚は人生で一度きりのお祝いになりますので、真剣で誠実な態度で選びましょう。

良好な関係を維持するために

ウェディング

意思表示

結婚祝いを贈るということは、それだけ相手のことを大切に思っている意思表示になります。裏目に出ないように、しっかりと相手の立場や性格などを鑑みて贈り物を選ぶようにしましょう。

感謝を伝える

また、日頃の感謝の気持ちを結婚祝いの品に込めることもできます。相手が欲しがっていたギフトを贈れば、心証も良くなり、さらに良好な関係をキープすることができるはずです。

2人に贈る

結婚相手のことをよく知らないからといって、個人的なギフトになることは避けるべきです。結婚相手と交流がなかったとしても、結婚を機に仲が築かれることになるため、2人にとって最良のプレゼントになるようにします。